日本催眠医学心理学会

*

HOME>会長挨拶

会長挨拶

武蔵野大学・広尾心理臨床相談室 大山みち子

昨年の総会でご承認を得て、日本催眠医学心理学会第58回大会の主催を承りましたこと、謹んでご挨拶とご案内を申し上げます。2012年11月3日(土・祝)と4日(日)に総会を、それに先立つ2日(金)に技法研修会を開催することといたしました。

会場は、東京お台場に目下建築中の、武蔵野大学有明キャンパスです。羽田空港から30分ほど、東京駅から20分ほどという交通至便の場所にあり、最寄り駅は、りんかい線では「国際展示場」駅、モノレールのゆりかもめでは「国際展示場正門」駅となります。お越しの途中には東京湾や観覧車などが見渡せ、となり駅にはフジテレビのビルも控えた絶景の地にあります。一方で築地や銀座、スカイツリーなども程近く、お時間の合間には東京の新旧名所をご覧いただけます。遠方の皆様にも、宿泊施設も多く整った場所でございますので、お越しになりやすいと存じます。

肝心の内容について申し上げます。今回の大会テーマは「意識・ことば・からだ」として企画中です。皆様の中にはたくさんの、意識・ことば・からだ、から派生する大小の問いがあるのではないでしょうか。私なりに例を挙げてみます。たとえば今年は、オリンピックの年でもあり、からだとこころの関わりは時宜を得たものであると考えます。また昨年3月の東日本大震災とそれに続く原子力発電所の事故については、いまだ私たちのこころとからだを脅かし続け、回復への模索は続いています。私たちは、これらの時空間を生きる中で、どのように意識の状態をとらえ、からだとこころに働きかけようとしているのでしょう。このように多くの問いがあり、また答えへの試みがあることと考えます。

皆様の関心や体験をもとにした、日々の研究・臨床・実践にまつわる議論のために、この学会大会を場として、活用していただきたいと考えております。これらに関するシンポジウムやラウンドテーブルディスカッションを準備中ですので、どうぞご期待ください。

一般口頭発表などの、演題の募集等は追ってとなりますが、情報がまとまり次第、お目にかけてまいりますので、皆様どうぞ、ご発表のご準備とともに、学会ホームページを折々チェックしてくださいますよう、お願いいたします(大会のホームページも準備中です)。

新しいだけに不慣れで不行き届きもあるかと存じますが、私を含め、準備のスタッフ一丸となって歓迎いたします。大学のホームページに、お越しになる方法などが紹介されておりますので、ご覧いただけますと幸いです。
http://www.musashino-u.ac.jp/guide/campus/access_ariake.html
技法研修会と大会について、ぜひご予定にお加えください。お待ちしております。

Topへ戻る